忍者ブログ
[488] [487] [486] [485] [484] [483] [482] [481] [479] [478] [477
行動保守カメラマンのボルジョア氏 
無編集の一次情報の動画撮影はイデオロギーや敵味方を超えた


ボルジョア氏
私がやりたかったことを、やり遂げた。格上の高度な撮影技術で。
無編集の一次情報で撮影。それは、イデオロギーを超えて、人々の判断の素材として役に立つ。敵対勢力にとっても、参考になる。





行動保守界隈のカメラマン、ボルジョア氏を賛美しました。
無編集の一次情報、長時間。
敵、味方、イデオロギーを超えて、検証の素材になる、歴史に残る資料になる。

カウンター界隈のカメラマン、秋山理央氏を批判しました。
編集して短時間。
字幕付きで、敵を懲らしめる、味方を賛美する。
味方のためのプロモーションビデオ、予告編、CMとしてはいいけど。ジャーナリストじゃない。敵、味方、イデオロギーが違う者からしたら、資料として注意が必要。






私がボルジョア氏を知ったのは、男組を撮影した動画。

ボルジョア氏は行動する保守側。
それでも、無編集の一次情報で長時間撮影で、高度な技術は、カウンター界隈から見ても参考になる。









私と、ボルジョア氏との接点。

私がボルジョア氏を知ったのは、男組を撮影した動画。


上京をして、佐藤悟志氏が朝鮮総連が学校で記念イヴェントをしたことに対して抗議街宣。
それを撮影していたのが、さえない外見だけど(失礼)、長い一脚にカメラを取り付けた男性が撮影していた。

後で佐藤氏からの助言で、「なんでそんなチッポケナ三脚なんか持ってるの。中途半端なの。彼みたいな大きな一脚を持つべき」

ビデオカメラだけだと、そのベルト部分に手を通すだけだとすぐに手が疲れてしまう。ビデオカメラの下に何か一脚か三脚でも取り付けると長時間でも支えられる。小型でもいいから。大型になるとかさばるし重いから、小型にしていたけど。
私は佐藤氏のその助言に従って、一脚を購入して、小型三脚に取り付けました。重いけど。

後で、カトテツ氏がTWITTERで、ボルジョア氏の動画にお礼を書いていた。
それでボルジョア氏だとわかった。
その動画を見たら、すごい技術の方だなと驚愕した。
至近距離と、一脚で高所から俯瞰した映像との使い分けが見事で。迫力と臨場感とダイナミズムが生まれてる。そして無編集の一次情報で。
私なんかとてもとても、かなわない。



そして又、上京をして。
アリカド氏が朝鮮カルト批判のデモ。
集団ストーカー被害妄想患者が客層。
ボルジョア氏が、私をしつこく至近距離で撮影。
一応抗議。
ゴールの公園で、私は「なんで私を至近距離で撮影するの?」「あなたの名前は?」
彼「ボルジョア」と言って去った。

デモ参加者が私に話しかけてきた「集団ストーカーの方?」
私は「いいえ。ただの撮影者です」「名刺をどうぞ」「主催者のアリカド氏には許可を得ています」
デモ参加者たちが「あなたのことを創価のストーカーと誤解されたのね。事前に主催者から許可を得ているって見分けがつけばいいのですが」

私はTWITTERで、「ボルジョア氏から至近距離で撮影をされたけどルール違反では」と批判をした。
関係者が「あなたのことをストーカーと誤解をされたのでしょう」って。









秋山理央氏の特徴。その長所と短所。

秋山理央氏への批判になるけど。

秋山理央氏は、編集で短時間にまとめる。
映画の予告編、CM、プロモーションビデオ、みたいな方。
すごい思想が出ている。カウンター界隈の味方で励ましてプロモーションするのが目的が露骨に出ている。

2013.06.08京都の四条川原町での行動保守の街宣を撮影した時は、滴定勢力を懲らしめる目的が露骨に出ていた。悪意のある字幕。恥をかかせるのが目的。


一次情報のジャーナリズムではない。



私と秋山との因縁(?) 
秋山は私なんか論外だろうけど。

2013.06.08  四条川原町
2013.07.14 仲良くしようぜパレード
2013.09.22   差別撤廃東京大行進
2013.10.26    大阪御堂筋での日韓団交デモ、難波千日前での街宣
2013.11.03    神戸三宮街宣
2013.11.04    京都 朝鮮学校襲撃事件逮捕者問題のデモ
2014.05.11 大阪御堂筋デモ クボケンが拡声器
2014.05.11 大阪難波街宣

私の撮影技術は未熟で、秋山プロにはかなわない。
2013 四条川原町の動画は、私の未熟さで、どう見ても、秋山プロのが技術は上だった。
でも、私には違和感があった。秋山プロは、敵対勢力を懲らしめるのが目的で、字幕で制裁。味方を賛美。検証のための一次資料としては、注意が必要。

それと、短時間にまとめて、見どころを強調する見せる手法。「忍者」と賛美されてるけど、角度をアチコチ変えることで視聴者を飽きさせない手法。商業主義的。

私は、2013年の仲良くしようぜパレードの動画では、私の動画は秋山にはない魅力を放ったと自負している。技術は未熟やけど、無編集の長時間で素朴に沿道の視聴者からの視点で撮影したことが、現場の空気感を素朴にとらえて、すごい魅力になっていると自負している。
ネトウヨ側の方が、「この件での動画は、この長時間版が一番評価が高い」って書いてくれた。ネトウヨ側が、派閥にとらわれずに素朴に評価をしてくれた。




カウンター界隈の秋山寄りの方々は、私のなんか絶対にほめずに秋山動画推薦やったけど。
秋山
16分22秒








秋山氏とボルジョア氏

ボルジョア氏のほうがいい。


韓国人が多く住むコリアンタウン。東京だと新大久保で。
ここで行動保守界隈のカレンダーに告知。
行動保守界隈のボルジョア氏と、カウンター側の秋山氏とが同時期に撮影。
ボルジョア氏と秋山氏との違いが出た。
行動保守側とカウンターとがもめている現場では、この動画を比較したら、秋山氏よりもボルジョア氏のほうがいい。

ていうか、敵味方に分かれて戦ってる場面の動画は、ボルジョア氏の撮影方法が、現場にいない視聴者には重要な一次情報になる。

逆に、秋山氏はプロだけど、短時間に編集して見どころをまとめる方だから。味方を応援し、敵を制裁するのが露骨に出てるから。味方のプロモーションにはいいけど。思想の違う方々がもめている現場での撮影としては、不適切だと思う。

秋山氏は、報道ジャーナリストじゃなく、あくまでもキャッチコピー、プロモーションビデオの方。

秋山氏
3分19秒 




ボルジョア氏のほうがいい。
15分13秒



さすがのカウンター界隈でも、行動保守界隈のカメラマン、ボルジョア氏の無編集の一次情報で技術のある方のほうが、現場の検証のためには役に立つ報道でジャーナリストだなと認めた。
これはすごいことなの。






さすがのカウンター界隈も、BOLJOA氏に撮影されても喜び、評価をした。
イデオロギーの違いを超えて。
一次情報として。


カウンター界隈の情報発信者も、ボルジョア氏の撮影を評価。ファシズム潰せ!怒りのブルドーザーデモ(1)2014/8/2


ファシズム潰せ!怒りのブルドーザーデモ(2)2014/8/2






行動保守界隈のカメラマンだけど、それでも彼からの撮影は、イデオロギーの違いを超えて、感謝される。
重要な一次情報になる。













行動保守界隈は、ニコ生中継が多い。
生中継技術者の人材豊富。ビデオカメラ撮影もいる。
これが、一次情報として、イデオロギーの違いを超えて、参考資料になる。判断の素材になる。

カウンター界隈は、生中継の技術者の層がひ弱い。
ビデオカメラでは、秋山理央プロがいるけど。短時間の編集プロモーション。
島崎ロディは、瞬間の写真で、これもプロモーション的。


私は、みんなに一次情報を提示がいい。今は技術が未熟。ビデオカメラ撮影でも技術が未熟なのに。生中継なんてまだまだ無理。でも、いつか生中継で、しかも高度な撮影ができるといいのだけど、それはまだ無理。

ビデオカメラ撮影での一次情報提示では、関東の行動保守界隈のボルジョア氏に完敗。
生中継でも、行動保守界隈の技術者たちに完敗です。











秋山氏は、「忍者」って賞賛されてて、アチコチ駆け回って画面をコロコロ変えて視聴者を飽きさせない。
手持ちの大型ビデオカメラで、スタビライザーをつけて画面をゆれないようにしている。一脚や三脚はつけてはいない。



ボルジョア氏の撮影の特徴は、一脚で高所から俯瞰して撮影することで、視聴者から見やすくなること。
特に人ごみの多い歩道からだと、他の通行人が邪魔になるから、一脚で高所からの撮影方法をとったのでしょうね。長い一脚持参だと、秋山みたいに忍者みたいにアチコチ動き回ってコロコロと画面を変えにくいけど。
画面にダイナミズムができる。
遠景からの撮影と、一脚からの高所からの撮影と、至近距離との撮影との使い分けのうまさ。それでいて、あざとさがない。
現場の検証をしたい者としては、画面をコロコロ変えられるのは、検証の素材としては困るけど、安定した画面だと検証の素材として役に立つ。


私は、佐藤氏からの助言で「なんで、あんな小さな三脚なんか使うの? 彼みたいな大きな三脚を使うべき」
自分も長い一脚を使うことにした。
ボルジョア氏は一脚だけだけど、私は一脚に小型三脚を付けたから重い。
人ごみでよく見えない場合、一脚から高所から撮影することにした。








外見のことを比較しては申し訳ないけど、重要。


松沢呉一氏など、反原発、反ヘイト界隈は、秋山氏をアイドル売りしようとしている。仲間として絶賛している。
「イケメン・カメラマン」として賛美しているけど。
それが臭すぎて胸焼けしそう。

写真や動画を見たら、顔の形は整ってるけど、黒づくめの軍服みたいな、コスプレか。特殊なマニア受けでしょうね。
私は実物を見たら、ガリ痩せで気持ち悪いなと。「イケメン」は言い過ぎでしょう。


そういう私は、こわいからマスクして顔がばれないようにしている。
「白づくめの気持ち悪いおばさん」
ええ、いいですよ。

ボルジョア氏は、外見は、眼鏡の中高年で、さえない(失礼なことを申し上げますが)
行動保守界隈は、彼のことを、アイドル売りは無理でしょう。
でも、それが長所になる。






拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
のら猫の手
性別:
女性
自己紹介:
noranekonote@gmail.com
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/347/
ブログ内検索
最新記事
(09/30)
(09/17)
(09/13)
(09/05)
(09/01)
(08/20)
(08/20)
(08/20)
(08/15)
(08/14)
(07/31)
(07/31)
(07/29)
(07/26)
(07/04)
(07/01)
(07/01)
(07/01)
(06/30)
(05/06)
(04/18)
(03/30)
(03/21)
(02/26)
(02/26)
カウンター
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者カウンター
バーコード
フリーエリア
Copyright ©   思いつくままに   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]