忍者ブログ
[493] [491] [490] [489] [488] [487] [486] [485] [484] [483] [482
凛氏 復帰 けじめをつけての復帰なら応援します


凛氏がついにtwitterで復帰と挨拶。それをRTしたり、直接ご挨拶をする方々。


私は、凛氏に直接メンションで
お帰りなさい。けじめをつけて、どうか再起をなさってくださいね。




最低限、公式謝罪をして。
厳しいこと申し上げますが、できたら、仲間からの厳しい叱責と涙の謝罪とを動画公開するぐらいして。
その上でカウンターに復帰なら、私は応援します。






行動保守界隈が厳しくて、凜氏に引退すべきと書いていた。

彼女の言うには、正確な引用じゃないけど。
「男組には色々な思いがあるけど。最低限、金銭をだまし取ったり、女性問題はなかったこと。凛氏には、金銭詐欺と女性トラブルがあったから、もうカウンターには関わらずに引退すべき」
「在日の生活保護不正受給問題が取り上げてるのに。彼はそのカウンターとしては不適切すぎる」


行動保守界隈の彼女の言いたいことはわかるけど。

純白な方だけじゃなく、汚濁にまみれた方々でも、受け入れるべき。


人権問題を扱う方は、純白な方だけなんて、偏狭すぎる。
汚濁にまみれた方々でも、差別反対活動に活動をしてもいい。

ただし、自分の汚濁には自覚的であること。
他者への糾弾には、自分の汚濁を自覚し、二重基準にならないようにして、他者糾弾を抑止し、ハードルを高くすること。












凛氏の復帰のtweetにkato氏がお帰りなさいって。

凛氏はカウンター界隈の在日の中ではマシな方でしたね。弱い者いじめや恣意的なモラハラや陰口や差別者糾弾はしなかったし。
kato氏が在日から差別者糾弾されて死にたいって書いてたけど。
その犯人じゃないなってわかるのは、凛氏、babyB氏、凡氏、どぅーどぅる氏、OH氏、ぐらいで。他の在日が陰湿なのだらけでこわいわ。

ずっと前、kato氏が「現場にカウンターに行けなくてごめんなさい」って凛氏に書いてて。
凛氏が「気にしなくていいよ。自分にできる範囲内のことをすればいいから」
ホロリ・・・





kato氏に差別者糾弾をやりそうな在日を推理
李信恵
ミヒョン、
エルネスト金
金ミョンス
ヒョンギ
みかん



在日かどうかは不明やけど、
フェミのミワ氏
ポンス氏、
ケニー氏

プロフィールでは在日だから、私が彼のことを「在日」って書いたら、他が「彼は日本人だ」と抗議殺到と謝罪要求
amegriff



差別者糾弾をやりそうな方々
私が思ったその根拠、その参考資料

@amegriffとの論争、まわりの反応
http://togetter.com/li/604493

kato氏に対して、差別反対のカウンター界隈の在日が差別糾弾問題
http://matome.naver.jp/odai/2140201552438061201

李信恵氏との論争
http://matome.naver.jp/odai/2139192431753352301

カウンター界隈の主流派が、他の方を@hiroshimagojyou と懇意だからと敵認定敵認定!
http://matome.naver.jp/odai/2140020085373011101




他の方のまとめですが。

【愚】「レイシストと相互フォローしてたらレイシスト認定します」な反差別のamegriff【暴君】
http://ameblo.jp/naitomea93gc/entry-11601115584.html





凛氏のけじめのつけ方


ブログで公式謝罪

カウンターに参加するにしても、他のカウンターたちから嫌われてガン無視されて別もの扱いされることは覚悟すること。
カウンター界隈のイヴェントやパレードから出禁処分をされることも覚悟はすること


できたら、過去に懇意だった仲間たちから厳しい叱責をあびて、涙の謝罪をすること。それを動画撮影をして一般公開をして禊にすること。

その上で、懇意な仲間たちが「凜氏のことは我々が今後厳しく注意をする。在日差別発言をしてきた連中には言われたくない」










凛氏、そして凛氏と懇意なカウンター界隈への忠告


他者への想像力と寛大さを


行動保守界隈にも、想像力と寛大さを。



カウンター界隈で凛氏と懇意な方々は、凜氏に恩義もあるし、情愛もある。
例え、私生活での不品行があっても。

行動保守界隈でも、桜井氏や川東氏に対する情愛も同様では。
「過去の栄光のある桜井会長」
「過去の恩義のある桜井会長」
「愛しのマコリン」
「古参の川東氏」
「仲良しの大ちゃん」


例え問題行動があっても、情愛にほだされる。
気の毒で公式の場での糾弾や公式謝罪要求なんてできない。
内部での忠告や改善運動なんてものをしても、一般に公表できない。

それはもうお互い様。

内部で腫物ハラハラで、血の涙を流しながら注意をしますので。徐々に改善するのを、どうか見守っててください。
そういう人情もあるのでしょう。



お互いに、敵への糾弾の欲望を抑止できないか。お互いに許しあえないか。




------
行動する保守にだって、カウンター側にだって、人間集団だから人間関係で遠慮がある。腫物ハラハラ。よう注意ができん。でも行動する保守を3月から観察していたらわかる。内部で血の涙を流しながら改善をしているなというのが。カウンター側もそう。でもその血の涙と苦難をよう一般公開できん。

行動する保守にだって、カウンター側にだって、非公開の場での人間関係で血と涙と苦難の上での改善の努力をしているはず。でもその欠点は、一般からは見えないしケジメがつかない。

行動する保守にだって、カウンター側にだって、その関係者には過去の過ちをした方もいる。まわりの有志が非公開の場で注意をして、その問題人物がコッソリと改善する。でも公開の場でのケジメは気の毒でようつけさせられん。身近な関係者たちは当然そう思うでしょうね。

カウンター側(特に感情的な在日たち)が、行動する保守側に公式謝罪とケジメを要求。
でもカウンター側の有志が関係者の問題人物に対して公式謝罪をするようによう注意できんってこともあるでしょう。気の毒すぎて。
そこらへん難しい問題やけど。

カウンター側の在日には、感情的過ぎてひどい方々がいて「こいつらガンや」ってつい思うてまう。でもその問題人物の一人がコッソリと改善。非公開の場で関係者らが血の涙を流しながら注意をしたり内部改革をしたか? 公式謝罪までは無理やろうなあ。それも同情する。

カウンター側だって、カウンター側の在日の問題人物を改善させて公式謝罪要求をさせるのは痛いでしょ。
行動する保守側にだって同様ではと、つい想像してしまう。
難しい問題やけど。

カウンター側の在日の問題人物がコッソリと改善した。公式謝罪するまで許さんってやるか? それとも公式謝罪要求を延々とやるのは気の毒やから穏便にすませてあげるか?
今後は、行動する保守側がコッソリ改善したら同様に同情して穏便にすませてあげるか? どうするか? むずかしいです。

でもそれぞれの集団で、遠慮がある。腫物ハラハラ。非公開の場で、それぞれが血の涙を流しながらも問題人物をどう対処するかで色々苦労をしている。そういうのがわかる。
実は私もそう。公開できないけど。
お互い、もう少しお互いに同情をして、寛大になれないでしょうか。難しいけど。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
凜氏のブログ
http://m.blogs.yahoo.co.jp/geillrim0901/39526610.html#40094001

ここの8/14 21時本人(と思われる)書き込みではまるで反省して無いと思われます

ズブズブな関係、ムリムリ事件化等
Si| | 2014/08/19(Tue)19:21:00| 編集
無題
極悪非道在特会VS正義かつ弱者在日朝鮮人の世間なので、カウンター側を批判する投稿が載るとは思ってませんでしたからちょっと感謝です


只、凜氏ブログ掲示板は荒れ気味ですね
Si| | 2014/08/21(Thu)22:04:20| 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
のら猫の手
性別:
女性
自己紹介:
noranekonote@gmail.com
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/347/
ブログ内検索
最新記事
(09/30)
(09/17)
(09/13)
(09/05)
(09/01)
(08/20)
(08/20)
(08/20)
(08/15)
(08/14)
(07/31)
(07/31)
(07/29)
(07/26)
(07/04)
(07/01)
(07/01)
(07/01)
(06/30)
(05/06)
(04/18)
(03/30)
(03/21)
(02/26)
(02/26)
カウンター
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者カウンター
バーコード
フリーエリア
Copyright ©   思いつくままに   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]