忍者ブログ
[915] [914] [913] [911] [910] [909] [907] [908] [906] [905] [904
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ずっと前、シチズンがあった頃。
シチズンのマスターに絶大な恩義があったので、その店を維持、繁栄するのに協力したかったから。私が持ち出して拙いながらもイベントの画幹事をしてきたけど。
それと私では非力だし、アチコチに手あたり次第メール等で「私が店のレンタル料を払うから。貴方が何か言い企画をしてくれないか?」と持ち掛けて。

マスターが店を閉めてからは、持ち出しでやるだけの気力がなくなって。

その後、ヘイトスピーチ反対活動家の主流派たちによるリンチ事件について協力するようになってきて、そっちのほうに没頭。

シチズンがなくなってからずいぶんたってから、Aさんから企画の持ち込み。

私の知人(ここでは仮にAさんにしとく)から「福岡の右翼、玄洋社関係者を取材したいから、私はロハでいいから、彼の交通費等を工面してやってくれ」と言われたけど。

もうシチズンもないし。シチズンのマスターに絶大な恩義があったので、その店を維持するのに協力、私が持ち出して拙いながらもイベントの画幹事をしてきたけど。マスターが店を閉めてからは、持ち出しでやるだけの気力がなくなって。


私が「私の最低限の条件として、リンチ事件人脈に遠慮やしがらみがなくて、堂々と批判できるかどうかが重要だけど。福岡と言えば、リンチ事件でセカンドリンチに加担をした入江亮(クラック九州)、リンチ事件を矮小化した外山恒一と藤村修がおるけど。福岡で右翼なら、外山界隈と縁があるはずだし、遠慮があるだろうし、リンチ事件批判なんてできないのじゃないのかなあ?」
確認をしたら。


福岡のリンチ事件人脈の確認から他に話が飛び火!

Aさんは、なぜか千坂恭二の徹底批判と、私のことを「あんたは千坂信者だから、あんたはあかん」「読書ができないからあかん」を延々とループ。

私は千坂信者なんかじゃないと懇切丁寧に説明をしたけど。
それからリンチ事件人脈とのつながりや遠慮やしがらみがないかどうかの確認。

それでもAさんは「千坂が~」「千坂が~」
「あんたは読書ができんからあかん」
延々とループ。

そのAさんの千坂批判もよう分からなくて。
千坂は福岡の右翼界隈、玄洋社界隈にお金の無心かたかりに行ったか何かで、金銭トラブルをおこしたみたい。


たぶん、その福岡の右翼は、外山、藤村、入江、リンチ事件界隈に遠慮とシガラミがあるのだけど、それを言えないのじゃないかと推測をしています。

Aさんは、千坂恭二の批判なら徹底的にできるのね。
「千坂恭二は~」(お金が~お金が~金銭トラブル)(ほんまかいな?)
「あんなやつは言論人とはいえないクズ」
とかもうボロクソ。もう何が何だか・・・

一応、情報提供しますね。


Aさんには「私千坂信者じゃないよ」って言い返すために。
「千坂恭二のミソノビルでの学習会に行ってみて、マルコポーロ事件の西岡さんのことを話ふったら、千坂『私はホロコーストはあった思ってるよ。ナチスはホロコーストをやってたから大物で。やってなかったら社民ていどでしかない』って言った時点で、あかんな思ってたし。反論をして一戦を交えてもええ思ってたんやで。でも、その場は千坂さんの場やから遠慮して、反論はひかえたけど」
「千坂とはホロコースト問題や例の問題発言については徹底的に真っ向から論戦をしてもいい思ってるよ。一線を交えてもいい思ってるで」
とは返事をして。


それでもAさんは「千坂が~」「千坂が~」(金銭トラブル)(ただのクズだったのを歴史修正したパチモノ)「あんたは読書しないからあかん」「あんたは読書しないからあかん」の延々ループだったという。

だから、「貴方が取材したいという例の右翼はリンチ事件人脈、入江亮(クラック九州)、外山恒一と藤村修に遠慮があるんかいな? リンチ事件加害者側界隈に遠慮があるんかいな?」といくらいっても、「ノー」とは言えない。
「千坂がー」「千坂がー」「あんたは読書しないから一生敗者」
もう何が何だか。・・・。

でも、もう千坂恭二相手には、ホロコースト問題に関しては遠慮なしに、徹底的に論戦をしてもいいころでしょうね。私に遠慮はいらないですよ。

私は千坂の犬や信者なんかじゃないし、遠慮もないから。こうやって公開の場で書けるから。




千坂『私はホロコーストはあった思ってるよ。ナチスはホロコーストをやってたから大物で。やってなかったら社民ていどでしかない』って。

そう言った時点で、この人はあかんな思ってたし。
ひねったことを言ってウィットがあるとでも思ってるんだろうけど。


そういう論理で「ホロコーストはあった」なんていったら。
褒め殺しでいくらでも無茶苦茶いえるでしょが!

褒め殺しで「戦前までの日本帝国軍は偉大だった。大虐殺はあった。日本軍は大虐殺をやったから大物で偉大で神話を築けた。大虐殺をやってなかったら社民ていどでしかない」と無茶苦茶な理屈で歴史の歪曲がなされてしまいますね。


そういう論理で「ホロコーストはあった」なんていったら。
褒め殺しでいくらでも無茶苦茶いえるでしょが!
韓国がフィクション映画『鬼郷』で、日本軍が慰安婦たちを大虐殺したという映画があって。






ヘイトスピーチ反対活動界隈の在日たちが「これを見て号泣した。日本軍が過去に朝鮮人に対してどれほどひどいまねをしたか、この映画を拡散して教材にすべき」と。
在日に媚びるおかしな日本人(偽装?帰化人?)がこういう被害者意識過剰な在日に媚びるし。

千坂の無茶苦茶な論理では、例のフィクション映画『鬼郷』での日本軍による慰安婦大虐殺はあったという描写は真実だと強弁されてしまうでしょう。
「映画『鬼郷』で、日本軍が慰安婦たちを大虐殺したという描写は真実でしょうね。だからこそ日本軍は偉大だし神話を築けた。やってなかったら社民ていどでしかない」とか。

千坂は、ひねったことを言ってウィットあるなあ僕~とでも思ってるのかもしれんけど。
慰安婦問題でも、ガス室大虐殺問題でも、逃げをつくってるでしょ。




外山、藤村が、リンチ事件について対談をして同人誌にして販売。

間違いなく、加害者側の人脈に遠慮としがらみがあり、被害者側を矮小化して貶める意図があった。
リンチ否定の意図があった。
特に藤村は、リンチ事件かが者側の人脈で、リンチ事件被害者側を悪者にして、リンチ事件を否定するための意図があった。


それについて、千坂も追随してた。


でも、清義明はどこか特定の勢力に媚びた御用言論人で、風見鶏。
リンチ事件後、加害者側に媚びてたけど。
世論の動きが被害者側によりだしたら、風見鶏でキョロキョロ。


野間が、高円寺パンディットで、清と外山とを相手にリンチ事件について対談。平日の月曜日に。
この人選はプロレスでしかない。急所は絶対つかない。そういうナマぬるいお仲間じゃないと野間は絶対受けない。たぶんスポンサー筋や支持基盤が同じ。


藤村も清に続いた。




そして風見鶏。
世論が被害者側によった。
風見鶏の清は、リンチ事件はあったと釈明して、加害者側批判。

世論の動きが被害者側によりだしたら、風見鶏でキョロキョロ。

そういう流れ。

千坂も困ったやろなあ。


世論の動きが被害者側によりだしたら、風見鶏でキョロキョロはするけど。スポンサー筋や支持基盤には遠慮があるのでしょうね。


外山、藤村も、noteに又リンチ事件について論評を書いてた。

以前の同人誌でも「例のリンチ事件なんてくだらねー」とバカにしてたくせに論じる論じる。
スポンサー筋や支持基盤向けに、リンチ事件被害者側や被害者側支援者を矮小化する御用言論人でしょうね。
そうでなかったら、あの人脈には書けるわけがない。



ここまで書いたで。

これでも私のことを、「千坂信者」と罵倒するか?!

直接対峙して、録画や録音を一般公開しないとなっとくせんか?



















拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
HN:
のら猫の手
性別:
女性
自己紹介:
noranekonote@gmail.com
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/347/
アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
(12/14)
(11/19)
(11/18)
(10/05)
(09/20)
(09/01)
(08/31)
(07/07)
(06/16)
(06/16)
(06/16)
(06/06)
(03/06)
(03/06)
(02/22)
(02/15)
(02/15)
(02/13)
(02/05)
(02/04)
(01/23)
(01/23)
(01/23)
(12/21)
(12/07)
カウンター
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者カウンター
バーコード
フリーエリア
Copyright ©   思いつくままに   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]