忍者ブログ
[174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164


































http://www.blue-wolves.org/soutou-pro.html
=====
佐藤悟志 さとうさとし
1965年横浜生まれ、
1982年から86年まで「戦旗・共産主義者同盟」(戦旗荒派)の下部活動家。「戦旗」中退後、1988年「反天皇制全国個人共闘〈秋の嵐〉」に参加し、天皇代替わりに伴う自粛状況に抵抗する。
1990年4月26日「法務省突撃戦」、平成天皇の即位礼直前の11月3日弾圧、12月24日「クリスマス査問事件」などで逮捕。
 またその間に政治結社「青狼会」を結成し、総統として「反共突撃隊」「第三憲兵隊」「売春の自由党」などを企画する。反天皇制右翼つまりファシストで、新宿「ロフトプラスワン」から元赤軍派議長・塩見孝也を逃亡させたアカ嫌いのオタク。
1997年からは「ブント清算事業団」の代表管財人も務める。

=====

https://twitter.com/seiroukai
=====
人権ファシスト、軍国主義フェミニスト、政治結社「青狼会」総統。アイドル皇道派。OPよりNARUTO派。アニメとドラマの第一話は大体見る。
====

1997年07月16日、新宿「ロフトプラスワン」において、極左テロ組織「ブント」(その後「アクティオ・ネットワーク」に組織名を変更)の構成員が、「ブント」を批判していた佐藤悟志を二度にわたって襲撃し、集団暴行を加えて逃走した。
その一つ、講演会最中に暴行されたのを、カメラ二代が撮影
http://www.youtube.com/watch?v=aOWQuEwjxKk
http://www.youtube.com/watch?v=I1fKOAbs5SU


2000年1月 松沢呉一編著『売る売らないはワタシが決める―売春肯定宣言』での執筆者の一人
永田えり子『道徳派フェミニスト宣言』を徹底批判。








2010.09.04 チャンネル桜「こんなに楽しい!?共産主義 」出演
安東幹(ジャーナリスト) 
宇田川敬介(国会新聞社編集次長・ジャーナリスト) 
小林正(元参議院議員)
佐藤悟志(人権活動家・元ブント戦旗荒派) 
野村旗守(ジャーナリスト) 
筆坂秀世(元参議院議員) 
三宅博(前大阪府八尾市議会議員)
司会:水島総



2011.02 外山恒一編著『デルクイ01』での執筆者の一人
本のキャッチ「”生きさせろ“路線には乗れない、在特会的な路線には乗れない左右の若き異端派に贈る」
佐藤悟志「貧困業界の王妃たち」で、雨宮処凛(あまみや かりん)、堤未果(つつみ みか)を徹底批判。








===
元々のキッカケ
松沢呉一が編著をした『売る売らないはワタシが決める』の著者の一人として知ったこと。

男性フェミニストの論客。
女性のフェミニストたちってひどいのばかり。
逆になぜか、男性フェミニストの論客のほうがいい。

異性愛男性のフェミニストの論客
松沢呉一、
伊田広行、
佐藤悟志

ゲイのフェミニストの論客
伏見憲明、
平野広行、
日比野真
高山真

男性フェミニストたちが、女性フェミニストたちを徹底批判。
特に上野千鶴子
女フェミニストの私は不快に思わず、逆に学ばせていただいた。

佐藤悟志氏は、フェミニスト問題から、北朝鮮問題へと関心が移行

外山恒一編著で『デルクイ01』
佐藤悟志氏は、「貧困業界の王妃たち」で、雨宮処凛(あまみや かりん)、堤未果(つつみ みか)を徹底批判。

右翼が左翼を批判。
左翼の私でも、違う主張の方の意見から謙虚に学ぶこと


佐藤悟志をなぜとりあげるか

鶴橋で「行動する保守」の連合が韓国人差別街宣をしてネット上で大騒動。

マスターに感動「在特会を呼んでもいい」
感動


右派の論客で、対話ができそうな方は少ない。
右派の分類。世間一般での大きな分類は、
★対話ができるか/できなさそうか。その違い。

私のtwitterの相互フォロワー砂頭巾さん
「冷静に話せる右の人と言えば
文芸評論家の山崎行太郎氏(毒蛇山荘日記)、
一水会の鈴木邦夫氏、
貴女の知り合いの外山氏、佐藤氏、
行動界隈なら元独立党の諸星あたる氏=古川正樹(不幸のブログ)氏(創価の集団ストーカー論)でしょうか」

最後の落ちナイス(笑)




外山氏、佐藤氏は、昔から在特会に同情的。
逮捕された時も同情的。
外山氏「正しいことをお行儀悪く言うって感じかな」

特に佐藤氏は、チーム関西のメンバーが逮捕された時もお見舞金を払った。
その理由を聞いた
佐藤「北朝鮮と朝鮮総連と朝鮮学校に敵対する者は、私的にはとりあえず「正義の味方」です。」2012年5月13日


「行動する保守」たちの大阪御堂筋でのデモに、道頓堀で反差別のプラカード隊。
そのプラカード隊の近くで、眼鏡をかけた知的で上品な男性「僕もどちらでもない」「どちらにも、いけない」「考えとしては在特会のほうに近いけど。でも、あそこには入れないし」「僕、これから一人で難波で街宣をしてきます」「さよなら」



在特会に同情的な右派の方を招致して、昨今の差別街宣デモ問題、そのカウンター行動の運動について。その方ならではなの視点でお話をお伺いすること。謙虚に耳をかたむけること。人権派の欠点を知り、それをかてに成長をしましょう。






拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
のら猫の手
性別:
女性
自己紹介:
noranekonote@gmail.com
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/347/
ブログ内検索
最新記事
(09/30)
(09/17)
(09/13)
(09/05)
(09/01)
(08/20)
(08/20)
(08/20)
(08/15)
(08/14)
(07/31)
(07/31)
(07/29)
(07/26)
(07/04)
(07/01)
(07/01)
(07/01)
(06/30)
(05/06)
(04/18)
(03/30)
(03/21)
(02/26)
(02/26)
カウンター
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者カウンター
バーコード
フリーエリア
Copyright ©   思いつくままに   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]