忍者ブログ
[737] [736] [735] [733] [734] [732] [731] [729] [728] [727] [726
外山恒一会報での大阪リンチ事件についての意見 感想

一番重要なのは、

★ 暴力否定論者ではない」

★ 場合によってはリンチ側に同情するかもしれない

★ 場合によっては被害者側の方を批判するかもしれない

藤村氏は、過去に反レイシズム界隈の偏狭なのから圧力をかけられてトラブルがあった経験があるのね。
そして外山氏も、その圧力に怒って批判分を書いて、そして藤村氏と一緒にツイキャスで対談をした。
それ重要。

過去のトラブルを要約すると、藤村氏は九州で地道に反原発のデモ街宣を続けていて。
そこに佐藤氏が関東から九州の反原発デモに参加を表明したら。
反レイシズム界隈の偏狭なの(クラック九州で入江亮(いりえりょう)から「佐藤はレイシストだから参加させるな」
いったん、藤村氏は圧力に屈して佐藤氏の参加をお断りしたけど。
後に外山氏が佐藤氏を擁護して、反レイシズム界隈のその偏狭な体質を徹底批判。
外山氏と藤村氏とがネット中継で対談をし、藤村氏が前言を撤回し佐藤氏を受け入れることを宣言。

そういう過去のことがあった。

だから藤村氏も外山氏も「実は被害者側が偏狭だったのではないか?」という仮説を想定してしまうのでしょうね。
それと、「差別者」「敵」「レイシスト」とかレッテルをはられた側に対して、それは不当なレッテル張りをされたのかもしれないと警戒をしているので。だから「暴行加害者が、不当なレッテルをはられたので、腹がたったのかもしれない」という仮説も考えて、場合によっては同情すると主張したのね。






参考になった部分

(執筆途中)

藤村氏は、過去に反レイシズム界隈の偏狭なのから圧力をかけられてトラブルがあった経験があるのね。それ重要。

その件で、外山恒一もついに佐藤悟志を擁護し、反レイシズム界隈を徹底批判したという過去の経緯があること。
その経験を踏まえた上での批判であること。
これが重要。
★クラック九州の入江亮(りょう)が「原発反対活動に佐藤を参加させるな」と圧力をかけた問題があったので、その影響が大きいなと思いました。
エル金が愛国矜持会にはカウンターをかけなかったので、主水が「エル金は愛国矜持会会長から金をもらったのではないのか?」と疑問を抱いた。
エル金の行動には疑心暗鬼を抱かせるだけの怪しい行いがあったのならしょうがないけど。
愛国矜持会のデモ街宣にはヘイトが無くてキチンとした真摯な物でそれに対してカウンターをかける必要はないという判断の上でカウンターをかけなかったのなら、それを疑って「金をもらったのではないのか?」とデマを言った主水が悪い。
その視点はなるほどなと思いましたよ。

でもその解釈は、エル金側に甘すぎですよ。
私はずっと反レイシズム界隈のカウンター活動をチェックしていたけど。
もし、愛国矜持会のデモ街宣にはヘイトが無くてキチンとした真摯な物で、エル金としてはそれに心をうたれてカウンターをかける必要はないという判断の上でカウンターをかけなかったのなら。
キチンとそのことを公表をして、他のカウンターたちにもそういうべきやし。
どういう基準ならカウンターをかけないか、どういうのならアウトでカウンターをかけるかを明示すべきやし。
それに、カウンターは、例え行動保守界隈がヘイトなしの活動をしても、それでも「過去にヘイトをしていたのだから許さん」というしつこい勢いやったし。例えば、神戸での在特会の北原が経済問題でのテーマをしたのに、それでもカウンターたちが妨害をしていたのだし。例えば、選挙の立候補者が日本会議と関係があるからという理由でカウンターたちが妨害行為をしていたのだし。
他の妨害行為をしている動きとも整合性がとれていないし。
エル金が、愛国矜持会にだけはカウンターをかけず、その理由も何も公表しなかったのだから、やはりおかしいと外部に疑われるだけの理由がありますしね。



佐藤氏が朝鮮総連の催し(朝鮮学校を会場にした)に対して抗議のデモ街宣を告知をしたら、反レイシズム界隈がカウンターをかけたけど。
私は、「佐藤氏は異常なヘイトを言う人ではないし、佐藤氏のデモ街宣にはカウンターをかける必要はないのでは?」と主張したことがありした。
でもそれに対してレニーとかが「佐藤と癒着しているのか」と言ったのには腹がたちましたよ。

私なら、「佐藤氏(その他、ヘイトなしの街宣やデモや、屋内なら)にはカウンターをかけないようにしましょう」「その理由は~」と堂々と公表できます。

でもエル金は、愛国矜持会にはカウンターをかけないということを、そういうのは公表も何もしなかった。

エル金が愛国矜持会のデモ街宣の真摯さにうたれてカウンターをかけなかったというのは違うと思いますよ。
エル金は偏狭だから。他にもマシなデモ街宣があっても、それに対しても過去の総括と反省謝罪がない限りはカウンターをかけるというやつですからね。

他の方々から色々な噂を聞いて、それもかなり確証性の高い話で、それらを総合したらやっぱり、エル金は疑われてもしょうがないなとは思いましたよ。
私からはその裏の噂は今は言いません。エル金本人が公開の場で泣き土下座謝罪でその裏の事情を真摯に釈明すべきだと思いましたよ。




★ 正義の暴走かどうか、という基準。この議論がすごい面白かった。

要約だけど、彼らは「もし反レイシズム界隈が、行動保守界隈や金友をボコボコニしたとしても、「正義の暴走」とは言いにくい」と。

よく言った!
外山氏は、行動保守界隈や金友とは懇意でどうかなあと思う部分はあったけど。


でも、もし反レイシズム界隈が、佐藤氏をボコボコにしたら、「正義の暴走」という批判にかなり近くなる。
もし反レイシズム界隈の誰かが「佐藤氏はレイシストではないのでは?」と疑問を呈したら、反レイシズム界隈がボコボコにしたら、「正義の暴走」だという批判が成立する。
ろくでなし子や高島弁護士をボコボコにしたら、「正義の暴走」という批判が成立する。

その一線があるのね。はい。納得。

それと私なりの追加ですが。
もし仮に「佐藤氏のデモ街宣には、カウンターをかけるのには反対」「九州の反原発活動に、佐藤氏が参加してもいいじゃないか。圧力反対」という人がいて、もしその主張をした方にボコボコにしたら、「正義の暴走」になるわね。



新しい観点に目が見開かれ、重要だった部分

(執筆途中)


「暴力否定論者ではない」


これが重要な視点です。


「場合によってはリンチ側に同情するかもしれない」

「場合によっては被害者側の方を批判するかもしれない」

この主張には驚いたけど。

でも、なぜそう思うかは、彼らの過去の経験からその事情も理解します。

藤村氏は九州で反原発活動をしていて、関東の佐藤氏から参加表明をされたら。
反レイシズム界隈から「佐藤を参加させるなら、ヘイトアラートを宣言する」と言われて、そのショックで佐藤氏に参加をお断りしたけど、後に考えを改めて撤回し、今後は佐藤氏の参加もOKにすると宣言をしたことがある。

佐藤氏が「朝鮮総連の60周年」の催しに対して批判の街宣をしたら、カウンターから潰されたことがあった。

主水がエル金側に「なんで、あいつのデモ街宣にカウンターをかけないんだ」ということで疑心暗鬼におちいって「金をもらったからではないのか?」という疑問を言ったことだけど。
それがあまりにも不当な批判だったのではないのか?という仮定を想定してしまうからね。
なるほど。





ただ、私は、反レイシズム界隈の大阪でウオッチャーで実際に見たけど。
李信恵は人間性の悪さがtwitterでわかるし、顔に出てる。
加害者側のエル金は人間性の悪さがtwitterでわかるし、顔に出てる。
端正な美男だけど、見ただけでやばいってわかるし、嫌な人間性が出てるし、何かやらかす思ってた。セミナーで意見を言ってたのを見て、やばいって分かるし。

被害者もtwitter見たら偏狭できちがいじみてたけどな。ごつい四角い顔で、サングラスに革ジャンで、凛とつるんでて。最初は朝鮮系のチンピラかと思ったら。実は結構インテリらしいと聞いて驚きましたけど。

凡は、twitterでは昔はまだまともだったけど、だんだんひどい人間性があらわになってきた。まだまともそうな顔つきだけど。もう人権派としてはあかん。

どぅーどぅるも、twitterでは昔はまだまともだったけど、だんだんひどい人間性があらわになってきた。まだまともそうな顔つきだけど。もう人権派としてはあかん。


それと、私が裏で色々と聞いた情報を総合すると、エル金には悪い噂が多い。たぶん、この悪い噂はかなり確証性が高い。
地雷を抱え過ぎ。
まわりから疑心暗鬼をいだかれる。
疑心暗鬼を抱かれるだけの条件が揃っている。

私からは今は未だ言いませんけど。
エル金本人から公式謝罪と真摯な説明をすることを望みます。










それを読んで、色々な論点が沸き起こってきました。


違和感を感じた部分


外山氏と藤村氏は、リンチ事件自体を、ただの身内のトラブルだしたいしたことないと主張。

外山氏と藤村氏は、リンチ事件を、自分の身内を例に出して例えたけど。
私はその例では、違和感を感じました。
そんな例に例えられたら矮小化されているなと感じましたよ。


もし我々団で内部で団員が他の団員をボコボコにしても、たぶん炎上はしなかったと思う。

まあ、話題にはなっても、ウオッチャーたちは寛大な対応で受け流してた可能性の方が高い。

その違いは、

★ 反レイシズム界隈の大阪リンチ事件の加害者たちは、相当嫌われてて、恨みがたまりにたまってたこと。我々団のことを嫌うのはいるでしょうけど。その嫌われ方の質が違う。
 ・ 被害者意識をふりかざしていること。
 ・ 他人様に対して差別者とレッテルをはりすぎていたこと。
 ・ 差別者糾弾をし過ぎていたこと。
 ・ 差別者を排除しろとか、連帯責任を背負わせ過ぎていたこと。
 ・ 他人様には厳しく、自分や仲間には甘いといういやらしさがあること。「ラブラブ仲良しサークル 仲間重視で外部からの抗議なんかガン無視するぜ」とかやってるならまだしも。それか「朝鮮半島系極右連合会、朝鮮半島系の血筋絶対主義、チョッパリに人権無し」と名乗ってるならまだしもやけど(←「よくないよ!」って抗議があるやろうけど)。それでいて人権問題の看板になっていることへの不満がつもりにつもっていたこと。

★ 差別反対活動の看板であること。人権問題のきれいな催しの特別ゲストであること。

2014年12月に集団リンチ事件をおこして、裏で隠ぺい工作をしていて、それでいて裏では集団リンチ事件の噂がジワジワと流れていて、それなのに2015年以降にも差別反対活動の看板として活動。私としてはモヤモヤしていましたよ。そういうドロドロがあったので、2016年の週刊誌報道で一気に炎上したのでしょうね。

2015年発表のドキュメンタリー映画『ヘイトスピーチ』も、予告編を見たらわかるけど、甘くスイートでお涙ものの青春もので、きれいきれいな人権ものであること。監督の顔写真を見たら、甘くスイートなもの志向がわかる。そのメインの出演者たちで、リンチ事件以降も堂々とゲスト出演してたこと。
その表と裏のかい離がひどかったこと。

★ 「ヘイトスピーチは暴力です」という主張。暴力否定であること。

★ 「差別に反対しないのは、加担しているのも同然」という主張で、人々にも厳しく批判をしてきたのに。


我々団は、被害者意識をふりかざしたり、きれいごとを売りにしていなかったというのが大きい。



我々団が、少人数での結束で仲がいい同士であること。
大阪リンチ事件の顔ぶれは、烏合の衆での大人数での集まりで、組織としてキチンとまとまってないし、それでいて同調圧力があってという微妙な状態でした。他の派閥とか仲が悪いけど顔見知りと言う微妙な関係であることが大きかったのでしょうね。

我々団は、少人数での結束で、しかも異民族の派閥ではなかったこと。大阪リンチ事件では、異民族の派閥であったこと。
もし仮に、我々団に在日コリアンが一人か複数いて、異民族の派閥があって微妙な対立関係があり、在日の団員の派閥の集団が日本人をボコボコニしたとか、日本人団員集団が在日団員をボコボコにしたという事件がおきたら、ウオッチャーはヒヤリとすると思う。
場合によっては炎上する可能性もあります。
我々団は極右とかファシズムとかをかかげてるし、行動保守界隈や金友や佐藤と懇意だし。そのキャラや人脈で集団でいて、それでいてコリアンやチャイニーズをボコボコにしたというニュースが出ると、ウオッチャーはヒヤリとする。
これをどう対処するかが正念場でしょう。

でもコリアンに集団で暴力事件をおこしても、ウオッチャーたちはヒヤリとするだろうけど、すぐに対処を間違えなければ炎上はしないとは思います。
公式謝罪をして厳重な処分をするか。
それかいっそのこと、我々団(外山)の公式発表として「仲間第一主義で、俺のお気に入りのほうをとる。殴られたやつの人権なんかガン無視する」という声明を出す。もし仮にこう宣言をしても、もし仮にそう発表したとしても、ウオッチャーたちからはスルーされる可能性もありますね。他人様に対して異常なほどの潔癖な要求や糾弾をしてきませんでしたしね。







それと別の条件が加わってきます。
リンチ事件がすぐ発覚して、警察沙汰や裁判沙汰が公開の情報になり、公開の議論になったかどうか?
それとも隠ぺいされてるか。
その違いが大きいです。

それとも、リンチ事件を隠ぺいをし、大勢の関係者たちもそれに関与してて、それが徐々に外部に漏れだして、それでいてリンチ事件加害者たちが差別反対活動のきれいな看板として活動をしていて、ウオッチャーたちの間では裏でジワジワと疑心暗鬼がたまってたこと。そういうので疑心暗鬼や嫌悪がジワジワとたまっていってたこと。それが大きい。
そういう疑心暗鬼がジワジワあってから、週刊誌報道があったから、「やっぱりあったんだ!」と炎上した。

こういうのは、初期の段階で公開と事情説明と公式謝罪をする方が傷が浅くて済むのにね。


外山の対談で、例えとして我々団の喧嘩を出したけど、すぐばれて、「あほらしい」って言われて終わりみたいな感じでしたね。
例の大阪リンチ事件は、長期隠ぺいで疑心暗鬼がたまってて、その間も被害者ふりかざした人権活動をしていたというのが、反感が大きいのでしょうね。





★ 面白かった。かなりタブーにふれてる。

かなりタブーにふれるけど、重要なことを書いていた。
知的に下層階級で、しかも行動力ある連中、ネット用語でドキュン。人民大衆は恐ろしい。
はい。
主水はインテリで、ドキュンの世界に混ざってその流儀とは違うから神経を逆なでしたから制裁をされた。それもあるのでしょうね。




外山恒一と藤村修との対談で、
知的下層階級で行動力のあるドキュンが、インテリに神経を逆なでされてリンチをしたという仮説。

そういう仮説も成り立つけど。

でも、違和感を感じた部分もある。

でも、それなら、川崎で、中一の愛くるしい男の子が、在日とフィリピーのチームから集団暴行とリンチ殺人事件があったけど。田舎から川崎に転校をしてきた素朴な愛くるしい男の子がなんで殺されなきゃいけないんだ?
主水がインテリだから神経を逆なでしたとかではなくて、田舎の素朴な愛くるしい顔をした男の子でさえ惨殺される。
在日とフィリピーノの謎と秘密。なんで?








野間についての解釈

外山氏、藤村氏は、野間のことを利口なのかバカなのか理解不能と。

愛葉さんの解釈では。
「野間は悪賢いけど。推測だけど、裏の大物から圧力をかけられてて逆らえないのでは? だからあんなに愚かな言動をとっているのではないか? そうでないと合理的な説明がつかない」
「時系列を見たら分かるけど。最初は知らんがなって感じで関わらなかったけど。推測だけど、裏の大物から圧力をかけられてて、それで無理な擁護をしているのでは?」
「裏の大物から『本屋に韓国へのヘイト本がならんどるやないかい! 圧力かけて排除させんかい!』って圧力をかけられて、出版業界人としては本屋に圧力扇動なんて死滅行為なのに、逆らえないから、だから他のバカな手下たちに扇動をしているのでは?」
「裏の大物から『NYタイムズから批判されたやないかい! ガンガン反撃せんかい!』って圧力をかけられたら、それに従うしかなかったのでは?」
「裏の大物から『主水がなめたまねしとるやないかい! 主水を潰さんかい!』って圧力をかけられたから、仕方なく無理やり潰しにかかったのでは?」
「推測だけど、裏の大物から『信恵が困っとるやないかい。信恵を擁護せんかい』とでも圧力をかけられたのかなあ? そうでないと合理的な説明ができない」

どうなんやろう? 私は愛葉さんの解釈の方が近いのではないかなあと思います。

野間が異常に劣化しているように見えるけど。
野間は本当は相当な悪賢さでははるか桁違いに格が上のはずなのに。彼の頭が劣化しているのではなくて、裏の大物から圧力をかけられてるのでは? そう解釈する方がまだ筋が通ってるように思えます。
野間をなめてかかったらあかんで。

最低限、詭弁のテクニックだけはある。

大勢を集めて扇動する興行師としての才能はある。















拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
のら猫の手
性別:
女性
自己紹介:
noranekonote@gmail.com
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/347/
ブログ内検索
最新記事
(09/30)
(09/17)
(09/13)
(09/05)
(09/01)
(08/20)
(08/20)
(08/20)
(08/15)
(08/14)
(07/31)
(07/31)
(07/29)
(07/26)
(07/04)
(07/01)
(07/01)
(07/01)
(06/30)
(05/06)
(04/18)
(03/30)
(03/21)
(02/26)
(02/26)
カウンター
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者カウンター
バーコード
フリーエリア
Copyright ©   思いつくままに   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]