忍者ブログ
[431] [430] [429] [428] [427] [424] [423] [421] [420] [419] [418
5/24 佐藤氏主催の行動保守街宣、朝鮮総連、警察、そして対話

行動する保守の催しの告知

過去にカトテツ氏が関東で定期的に催しを企画してきて。
過去にヘイトスピーチ問題があって、カウンターたちから抗議批判されたけど。
公式に謝罪をして。問題発言のあった仲間を出禁処分にして。
カウンター界隈の主流派オスカー氏がとりなしてくれて、カトテツ氏の拉致デモを応援すること、そしてカウンターをかけないようにと主張。
それに佐藤氏も参加するようになってきて。


5/24 佐藤氏主催の行動保守街宣、
【『返さなければ戦争だ!』総連大会糾弾!国民大抗議】
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=466

環状線の池袋駅から乗り換えて、十条駅
8:50ごろ、もう警察車両が何台も。警官がたくさん。

まわりの警官にご挨拶をして回った。

黒服の男性たちがたくさん。
若い黒服の男性で黄色い腕章「スタッフ」に、私は「今日は何があるの?」と聞いても、腕章の男性は「見守りです」だけ。
駅から黒服の男性たちがやってきたら、流ちょうな韓国語で挨拶とガイド。それを何度も繰り返した。朝鮮総連関係者でしょうね。

駅前に日の丸
関係者にご挨拶をしにいくことにして、ビデオカメラは地面にむけて、ご挨拶。
ごつい男の人でTシャツにブルーリボン。
「はい」って、愛想がなく。

佐藤氏らしき姿
ご挨拶
「いいですよ。なんなら近くでとってもいいから」

私「ありがとうございます」

警官から次々と話しかけられた。
警官「映された一般人が抗議してきても、あなたは対処できるの?」「映された方が抗議してきて、あなたの住所名前等を教えろと言われたら、私らだって調査して教えるかもしれませんよ」とまくしたてた。
私は「はい。私が対処します」

警官から色々質問をされた。
答えた。
そして警官に名前を聞いたけど、ごまかされた。




十条駅で、街宣開始。

街宣関係者たちが、移動。
その後を、警官たちが、黒服たちがついていった。

学校近くで、街宣再会。
警官たち。黒服たち。
カトテツ氏が「私は昔は、韓国人朝鮮人全員に出てけって言ったけど。考えが変わりました」「出てくのは朝鮮総連だけだ」
カトテツ氏が大声で、朝鮮総連を罵倒。黒服の朝鮮総連関係者たちが。

佐藤氏がカトテツ氏に「ウイルスを外にばらまくと、国外に迷惑をかけるから。国内で処分すべき」

カトテツ氏「わかりました。閉じ込めろにします」

私は猛暑のため、十条駅へ移動しました。
もう、街宣が。
又、街宣が移動。


猛暑と重い機材をかついでいたので倒れそうになって
なぜか近くに木陰の涼しそうな場所で雑貨が展示で、奥にしゃれた喫茶店があったので、休憩。リンゴジュース。
遠くから拡声器で「アンニョンハシムニカー!」「アンニョンハシムニカー!」
こわくなって

ビデオカメラ撮影再開。
街宣途中。

私は、猛暑と疲労とで、街宣の途中で撮影をやめて、一人で十条駅へ。

帰り
蕎麦屋で休憩

十条駅で。

警官に「無事に終わりましたか?」
警官「はい」

赤いひもを首からぶら下げた若いすっきりした男性たち(朝鮮総連関係者たち)に「無事に終わりましたか?」
彼ら「はい」

ホテルに帰って。


佐藤氏とメールのやりとり。
公園に感動
佐藤氏が肖像画に火をつけたら、花火がしかけてあって。
動画撮影と今後の撮影に関する相談と。
佐藤氏が懇切丁寧に助言をしてくださいました。本当にありがとうございました。
お別れ。






感想


街宣は過激。
でも在日一般人へのヘイトなし。
過去にヘイト発言をしたこともあった方が反省の弁と変わったことを述べた。
主催者が参加者への注意もきいてる。
主催者の街宣は知的で上品。
参加者は過激やけどギリギリ。
全部をチェックはできなかったけど。ここは大丈夫と思います。
ここが、今後の受け皿と調停の窓口になればいいのですが。

佐藤氏は、外部との対話と折り合いと調停ができる方だと思います。
佐藤氏は、行動する保守の気持ちを理解し同情的で。その中の話のできる方々(?)との話し合いのできる方。
これがうまくいきますように。

佐藤氏とカトテツ氏との組み合わせが、うまくいけば、今後の折り合いと調停とができるかも。

撮影した動画は、画面的には地味。
でも、微妙な恐怖感がある。黒服の男たちとの微妙な緊張感。
私はこわくて、遠くからしか無理でした。






佐藤氏からの助言

「覆面をした方からの撮影は、ふつうは嫌がられます」
「事前に連絡と。名刺を作って、丁寧に自己紹介と挨拶を」
「ハンドルネームでの名刺はよくない。普通の名前らしい名前で。共産党の不破哲三だって、本名じゃないけど、ふつうの名前っぽいから」

「まずは、録画の技術をあげるべき」
「すごい映像がぶれてるね。これはひどい」
「今日、撮影に来てた方は、一脚で固定。これが一番でしょうね」
「そんな小さな三脚なんかに意味ないでしょう」「でかい三脚で固定して撮影をして手ぶれを防ぐか、重たくてかさばるのが嫌なら、例の方みたいに一脚で」

私「前は、ビデオカメラだけだったけど。長時間だと疲れるから、疲れたらビデオカメラを三脚で地面に置くの」

佐藤さん「じゃあ、ずっと地面に置いとけばいいのに」

私「いえいえ、液晶で確認をして、撮影したいし。いい場面のチャンスを逃したくないし」

私「関西の行動保守の伝説的な名カメラマン、ブレノ。彼は、ブレないからブレノって名前で。彼はスタビライザーを自作できるほど。でもスタビライザーは筋力と技術と練習とが必要。私にはまだまだ、無理」
「私、長い一脚でやってみますね」

私は一脚を持ってるの。小型三脚に延長するための一脚で。三脚+一脚だとかなり使えそう。重たくてかさばるからなかなか持参できなくて。でも、今後はそれでやります

私「秋山がスタビライザー使ってたな。プロならではのブレない技術があるの」

佐藤さん「今度、彼が撮影にくるから。それをチェックするね」
秋山が来るってのは、反原発関係のでしょうね。


私「生中継に憧れて憧れて」「行動する保守界隈は、屋外での生中継技術者がたくさんいるね」

佐藤さん「生中継なんか興味ない。録画したのを後でまとめて見るのが一番。TVドラマだって、CMを飛ばしてみたいから録画する」






夜に浦島氏からスカイプ
でも、駅でタブレットでのスカイプだと音声がひどい。
浦島さんが「今日、十条に行ったんだって?」
怒ってるのかと怖くて。
何度もお互いにかけ直して。
私は「浦島さん、怒ってるの?」
浦島さん「いいえ、全然怒ってないですよ。ただ、情報が知りたかっただけ。十条駅の街宣とか、どうだったの? カウンター大勢来てたの?」
浦島さんは怒ってなかった。よかった。
私「いいえ。全然。今日は、男組が告知で千葉のほうでカウンターかけるとか書いてて、そっちに行ったのでしょうね」「街宣は数名ぐらい。黒服の朝鮮総連関係者が大勢監視。警察はたくさん。警察車両も」

浦島さん「朝鮮学校の友人たちがたくさんいる」
「日本人が、朝鮮学校の中でひ弱そうなのを選んで尾行をして暴力をふるうなんてことがよくあった」

私「ひえーっ! ひどい!」
「ライターのおはらんが『朝鮮学校の不良どもにどんだけひどいめにあわされたか』って書いてたけど」

浦島さん「お互い様」

浦島さん「映画『パッチギ』は悪い」

私は「じゃあ、浦島さん流に、朝鮮学校のことを語ってくれますか」

浦島さん「ええ、いいですよ」

浦島さんが「参考にしてほしいけど」って取材方法の技術を教えてくれた。
「相手の緊張をほぐすのが一番肝心」

浦島さん「取材をしながら、録画しながら、更に生中継をしながら、って、かなり高度なことに挑戦しすぎ」「生中継で、更に、コメント欄を読んで応えて、なんて、かなり高度すぎる。これは、もっともっと慣れてからにしたほうがいいのでは?」

私「そうか~。生中継での受け答えに憧れるんだけど。まだまだ難しいか。そうだったんだ~。わかりました」



もう夜22時過ぎたよ。

「深夜バスは土曜日当日だともう取れないよ」って。

楽天トラベルで当日泊まれるホテルを探して。品川だともう取れない。
なぜか銀座のホテルが取れたのには驚きましたよ。

翌朝、新大阪に帰る




上京してお会いした方たちがいて。それぞれから助言。それから得た答えですが。
私は、
★生中継と、
★視聴者とのコール&レスポンスの魅力を感じていますが。
当分は録画取材(アップは後で)で取材技術と撮影技術を修業します。

取材での他人との接し方も考えていきますね。これも、上京した際にお会いした方々、それぞれから丁寧な助言をいただきました。当分の課題はそれでしょうね。
その上での、人との対談を生中継の技術を。





Boljoa氏の動画

私なんかよりずっとずっと見事な出来栄え。

それに、すごく勇気がおありです。

私なんか、こわくてこわくて陰に隠れてたから。



















私の動画

撮影は劣りますが、資料として重要なのでご覧ください。



9時前に十条駅。
既に警察車両が。警官たちが。
黒服の男たちがいて、朝鮮語を話していた。
駅前に日の丸、街宣。

十条駅での街宣をしてた街宣関係者たちが、街宣から朝鮮学校の近くへ移動。
警官たち、黒服の男たちが後をついてきた。
そこで街宣。



(続き)
朝鮮総連の会合に反対する街宣から、私は離れて十条駅へ私一人で移動。
街宣が既に始まってた。
十条駅から、街宣から朝鮮学校の近くへ移動。
警官たち、黒服の男たちが後をついてきた。
朝鮮総連の会合の近くで、彼らが街宣。

猛暑と疲労とで、私一人で、近くの木陰へ。そこは雑貨と喫茶店。




(続き)
喫茶店で一休みをしてから、街宣へ。
猛暑と疲労とで、退却しました。








佐藤さんと、その後にメール
落ち合いました。
佐藤さんが金正恩肖像画を燃焼実験。
それを撮影。










kato82sub 氏のまとめ
【メモ】十条朝鮮学校総連大会抗議街宣の様子
http://togetter.com/li/671191



5/24(土)佐藤さん 朝鮮総連 警察
http://togetter.com/li/673694






拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
のら猫の手
性別:
女性
自己紹介:
noranekonote@gmail.com
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/347/
ブログ内検索
最新記事
(07/04)
(07/01)
(07/01)
(07/01)
(06/30)
(05/06)
(04/18)
(03/30)
(03/21)
(02/26)
(02/26)
(02/06)
(01/07)
(01/07)
(12/15)
(12/08)
(12/04)
(11/28)
(11/27)
(11/21)
(11/03)
(11/03)
(10/29)
(10/26)
(10/21)
カウンター
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者カウンター
バーコード
フリーエリア
Copyright ©   思いつくままに   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]