忍者ブログ
[416] [415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [426
5/25(日)にロフト大阪に松沢呉一がゲスト!

「行動する保守のヘイトスピーチ 対 カウンター界隈」の問題で

カウンター界隈の東京の重要人物。

カウンター界隈にとっても、重要。

行動する保守界隈にとっても、重要。





241FM 凡どどラジオ presents「松沢呉一のマッツ・ザ・ワールド in ロフトプラスワンウエスト」
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/23580

ぼん(凡どどラジオ) @Bong_Lee
どぅーどぅる。a.k.a. C.H.A.R.(凡どどラジオ) @triflingdoodle

彼らは、カウンター界隈の関西の主流派の在日。
良くも悪くも。


松沢呉一は東京の方で。カウンター界隈の東京の主流派。でも、論理的で厳しくも原理原則の方。カウンター界隈の中ではまだ遠慮が少ない方で、結構内部批判もしている。
彼はカウンターでも、他のカウンターのことも原則論で批判。
★ 従軍慰安婦問題では、行動する保守界隈の主張のほうが一部の理があり。人権派が、いい加減なのでもなんでも検証もせずに大々的に流してきたのがもとはといえば悪い。
★ 行動する保守界隈が東大阪市の市立の会場を借りて「従軍慰安婦検証展」を企画したら、カウンター界隈が中止を求めて東大阪市長あてに署名活動。松沢呉一は、カウンター側のこの動きを批判。こんなんでは、「日教組に会場貸すな」と圧力かける右翼、「フェミなんかに会場貸すな」という保守派と、同じような愚かな圧力団体となってします。

松沢呉一はメルマガで、ゲスト出演することを告知をしたけど、「関西のカウンター活動のことはよく知らないから、下ネタでもする」って。

実は主催者側の「ぼん」も「どぅーどぅる」も在日でカウンターで、実は東大阪市の「従軍慰安婦検証展」中止要請署名活動をしてきた方々。
だから松沢呉一は遠慮があるのでしょう。だから事前に逃げをうってる。たぶん、主催者側とは事前に話し合いをつけてて、関西のカウンター界隈を批判しないことという取り決めができているのでしょうね。
たぶん、なあなあで。







行動する保守界隈にとって、松沢呉一が重要。
三顧の礼をして、膝を屈して頭を下げてご挨拶をして、名刺を渡して。
そして講演会をしてもらうようにお願いしては。

以下の条件でお願いすること

★ 従軍慰安婦問題では、行動する保守界隈の主張のほうが一部の理があり。人権派が、いい加減なのでもなんでも検証もせずに大々的に流してきたのがもとはといえば悪い。

★ 行動する保守界隈が東大阪市の市立の会場を借りて「従軍慰安婦検証展」を企画したら、カウンター界隈が中止を求めて東大阪市長あてに署名活動。松沢呉一は、この動きを批判。

★ 松沢呉一の原理原則では、どれを中止活動すべきか、どれは中止活動をしてはいけないか、その基準を説明してもらうこと。
過去に、豊島区立の会場や各地方都市の市立の会場を行動する保守に貸すなという運動は、松沢呉一は支持。
でも東大阪市の市立の会場での「従軍慰安婦検証展」に対してのカウンター界隈の中止署名活動は、松沢呉一は不支持。
その違いとは?


「これさえやってくれたら、後は何を話しようと自由。行動する保守界隈の方々を名指しで批判しようが、過去の行動や発言を批判しようが、自由です。どうか講演会をお願いします」


行動する保守界隈にとっての未来が切り開けて、しかも妥協点と折り合いとをつけるチャンスです。

ヘイトスピーチには反対の方々の中には、ごく少数派ですが、カウンター界隈主流派のやることに対して疑問を持ってる方々はいます。私もその一人。
行動保守側にもカウンター界隈にも、味方を全面肯定し敵を全面否定するという考えの方々が多いですが。
中には是々非々で考えてて判断をし、「この部分では、行動する保守側に一理あって、カウンター側が悪い」とか思ってるのもいます。

松沢呉一を招致して講演会を企画して。
行動する保守を徹底批判をする。しかし、カウンター界隈の一部の暴走したことも批判をする。
そう告知をしたら。
行動する保守からも、カウンター界隈からも、一部の良心的な方々が拝聴にくるかもしれません。
又、過去に行き過ぎた行動をとったカウンター界隈の中からも、良心的なのが来て反省をするかもしれません。
又、過去に行き過ぎた行動をとった行動する保守界隈の中からも、カウンター界隈の内部批判を聞いて納得して、自分らも一歩ひくきっかけになるかもしれません。


東大阪市の「従軍慰安婦検証展」を協賛した方々は、
★獅子座なお、中野氏
★撮影係りの岡山県のヨッシー氏。
★その他

行動する保守界隈で、従軍慰安婦の過去の歴史の再検証をしている方々への助言ですが。
今後も、会場での企画展を展示するために。
カウンター界隈にかたくなになるのではなく。松沢呉一氏に連絡を取り、お互いに妥協点を見いだせるように話し合いの場をもうけられるといいのですが。

















理論上での論客は、
松沢呉一

他にも候補は、氷川渉


ハートと剛腕で過去の成功例が、カウンターの東京のオスカー氏。
カトテツさんが公式に謝罪をして。
懇意の仲間を出禁処分にして。
それを受け止めてオスカー氏が剛腕と優しさで、大勢にカウンターをしないように呼びかけて。
今後の参考になる。


行動する保守界隈への助言
理論上の論客では松沢呉一氏、ハートと剛腕のオスカー氏を招致して講演会を。自由に発言をさせて。
着地点を見いだせるように話し合いの場を。





拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
のら猫の手
性別:
女性
自己紹介:
noranekonote@gmail.com
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/347/
ブログ内検索
最新記事
(08/20)
(08/20)
(08/20)
(08/15)
(08/14)
(07/31)
(07/31)
(07/29)
(07/26)
(07/04)
(07/01)
(07/01)
(07/01)
(06/30)
(05/06)
(04/18)
(03/30)
(03/21)
(02/26)
(02/26)
(02/06)
(01/07)
(01/07)
(12/15)
(12/08)
カウンター
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者カウンター
バーコード
フリーエリア
Copyright ©   思いつくままに   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]