忍者ブログ
[414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [426] [425] [405
氷川渉氏に持ち掛けた企画 誠実さのため膨大な資料と余暇とが必要


私が企画するゲスト候補

★氷川氏(元共産党支持者)
「ダメな人権派が在日問題に過剰に被害を喧伝して、右派に検証されてグダグダにしてきた歴史」 「ネトウヨ人気の原因とその歴史」


氷川 渉氏からお返事
===
それから、のら猫の手さん@noranekonote から、企画提案があったが、それをやろうと思うと、安田浩一氏はじめ、とてもたくさんの本を読まなくてはやる資格がないと思われるので、とても大変、とだけ。

右翼の心情、左翼の心情を両方理解できる稀有な存在なので、適任かも知れませんが、誠実に行なうためには、両方の主立った資料を読み込まないといけないと思います。

=====




でも、いつかもし余裕ができてその企画をやる気になられたら、私はいつでもできる限りご協力をしますので。


お返事ありがとうございます。そうですか。氷川様はもしやるとしたら批判対象の資料を大量に読んだ上で真剣に本格的なのをおやりになりたいのですね。この前の講演会みたいなのを。それだけのご準備が大変ならしょうがありません。


はい。本当に貴重な人材です。私は去年から関わりだした、「行動する保守 VS カウンター」問題でも、悩むことがたくさんありましたけど。外部の氷川様のお話が本当に参考になって目が見開かれました。感謝しています。





元々が共産党や左翼支持。
幻滅をして、左翼から距離をおいた。
共産党の歴史をまとめて、批判をした壮大な書物『指導という名の欲望』をキンドル版で出版。

大阪で出版記念の講演会。


共産党を批判するのでも、どういう部分に魅力があるか分かった上で、愛情をこめて。
その資料を膨大な量を読破し。
体系的にその歴史をまとめて。
その上で批評。
自分の主観は、極力おさえて。
実体験を少しだけ。

大阪で出版記念の講演会に来た方々。
共産党の関係者の家に生まれた方が「親が共産党なんだけど、疑問に感じてて。氷川さんがきちんと体系的にまとめた上で、どこがどう悪いのかを書いてくれるので本当に役にたちます。感謝します。助かります」






氷川氏のtwitterでのつぶやきだけでも、かなり参考になった。
目が見開かれました。
 
正確な引用じゃないけど、だいたい、こういう主張

★ 知り合いの在日は、「シン・スゴなんて商売の邪魔だから大嫌い」って。

★ 共産党はかつて、原発推進だった。だまされるな。

★ 昔の桜井誠は本当に魅力的だった。すごい勉強をしてインテリだった。おおらかで、話のうまい、面白くて、気のいいお兄ちゃん。
今は気の毒ですけど。

★ 京都ウトロ問題でも、共産党の機関紙が大々的に在日たちの被害を主張してきて煽ってきた。ところがその実態がわかった途端、急にとりあげなくなった。もともとはといえば、在日は日本社会の被害者だとその被害者意識を過剰に煽りすぎた共産党も悪い。在日たちはある意味、共産党の被害者。

★ 従軍慰安婦問題
知り合いの共産党員が党からの命令で、第二次世界大戦での日本と朝鮮半島での慰安婦の強制連行を調べたけど、証拠がなくてあきらめたこと。
日本軍が、朝鮮半島での悪徳業者の横行を阻止する命令は下したこと。
朝鮮半島での悪徳業者は、朝鮮半島の人間だったこと。


★ 中国とのビジネスで対応マニュアルを読んだけど、今の嫌中本なんかよりもずっとあからさまに中国人の情報が書かれていた。ビジネスだから、歴史認識やイデオロギーは不要。嫌韓本や嫌中本は役に立つ。
ただ、もっとビジネスマン向けにドライでクールなのがほしいな。

国際ビジネスマンと嫌韓国本
http://togetter.com/li/632714

★ 『呆韓論』は本当に参考になった

★ 友達が在日。行動する保守が在日差別発言をしたことには腹がたったこと。
在日も、自分の仲間だ。





私はは去年から関わりだした、「行動する保守 VS カウンター」問題

でも、悩むことがたくさんありましたけど。
外部の氷川渉様のお話が本当に参考になって目が見開かれました。感謝しています。





★ 桜井誠にかつては魅力があったこと。見識のあるまともな国際的なエリートビジネスマンにとっても。今は気の毒なことになってるけど。

★ ビジネスで中国や韓国にかかわったけど、本当にひどい。でも、そのことは、日本では人権派が抑圧してきたこと。左翼が抑圧してきたこと。

★ カウンター界隈には、「嫌韓本コーナーがある本屋に抗議する」「不買運動」とかを主張する方々がいる。
氷川氏は、嫌韓本にも一部の理があることをといていた。ただしビジネスマン向けのドライで実用的なのは選択肢が少ないことも。

★ 『呆韓論』は本当に参考になった


私はこれを読んで、やはり、無理に力づくで本屋から言論弾圧してはいけないなと思いました。徐々に他に選択肢を与えて、ガラの悪いのの売上を減らしてくことが重要。

★ 左翼が、あまりにもいい加減なのでもなんでも、社会的弱者の被害者性を大々的に主張してきて。それを右翼が検証してデマを暴露してきたこと。それで右翼が人気が出てきたこと。




「行動する保守 VS カウンター」問題でも、今、お互い両極端で大混乱やけど。

是々非々で、それぞれの一長一短を公正公平に批評できる人材

 
外部の方で、それぞれから距離を置いている氷川氏。



松沢呉一氏は、カウンター界隈の主流派。
だからカウンター界隈に遠慮があったり、感情的になるかもしれんけど。
それでも原則論がある。カウンター界隈の動きでも、厳しく批判をする。そこはえらい。
★ 従軍慰安婦問題では、人権派がいい加減なのでも検証せずに流してきたことを批判。ネトウヨの主張にも一部の理があること。
★ 東大阪市の「従軍慰安婦検証展」を、カウンター側が中止運動をしたのは、悪い。
右翼が日教組に会場貸すなと圧力かけたり、保守派がフェミニストに会場貸すなと圧力かけるのと同じように悪いと主張。








氷川氏へ、私のリクエスト

行動する保守界隈に対抗するカウンター界隈の文化人
もはやカウンター界の超カリスマ状態で絶対批判なんてありえないの
でも、私は微妙に違和感。
氷川氏の視点で批判してほしい。

安田浩一
金 明秀(キム ミョンス)
戸田ひさよし議員
















拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
のら猫の手
性別:
女性
自己紹介:
noranekonote@gmail.com
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/347/
ブログ内検索
最新記事
(07/04)
(07/01)
(07/01)
(07/01)
(06/30)
(05/06)
(04/18)
(03/30)
(03/21)
(02/26)
(02/26)
(02/06)
(01/07)
(01/07)
(12/15)
(12/08)
(12/04)
(11/28)
(11/27)
(11/21)
(11/03)
(11/03)
(10/29)
(10/26)
(10/21)
カウンター
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者カウンター
バーコード
フリーエリア
Copyright ©   思いつくままに   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]