忍者ブログ
[858] [857] [856] [855] [854] [853] [852] [851] [850] [849] [848
2018/0319 ヘイトスピーチ反対活動家リンチ事件の判決 4 慰労会は私のせいでグダグダ申し訳ない








ヲ茶会が「私は傍聴報告をしたいので頭がいっぱいいっぱいだから。貴方が代わりに誘導とかお手伝いとかをして」

私「はい」


予定では17時ごろから慰労会の予約をしてたけど、幹事が電話で店に「16時半から入れるようにお願いできますか」をしたらOKでたとか。

エレベーターに行くと、もう満員で、鹿砦社の編集者さんが乗ってたので、彼が誘導するでしょう。

残りは少ない。ヲ茶会、鹿砦社社長、女性漫画家、その他も残ってて。

漫画家女性が用事があってすぐ戻ってくるって。ヲ茶会と社長と他数名。

そして、ここでお別れをしますというのが数名なので、お別れのご挨拶をして。



私は先に行くことにした。でも失敗。ビルで迷子。
私一人で行くと、迷った。ビルの看板には普通、店の名前が書いてるはずなのに記載がない! 驚いてipadで検索をして電話して聞くと、店員が「はい。●●番の番号で地図にのってるはずです」で。

店前にはヲ茶会と主水が先についてて待機してた。私のせいでごめんなさい。


約二十名ぐらいで。座敷で、テーブル二つで、二つに分かれて、四列やね。

自己紹介。

いいメンツぞろいだし、話がすごい盛り上がった。

主水の挨拶。

なんといっても、ここでの花形は、鹿砦社の社長、ヲ茶会、女性漫画家。

今回は合田さんが来ないし、彼のプロデュースじゃないので、前回に比べてかなり右派は少ないかな。
それでも、前々から李信恵やエル金や野間とかに批判的でしたという立場の人が結構参加をしてて、どちらかといえば右派のほうかなというのが結構参加をしてた。
鹿砦社の催しだったら絶対参加しないような、それでいて最低限の見識のある顔ぶれで、左翼と右翼との壁を乗り越えた見識のある方々の集まりで、感動的。

左翼と右翼との壁とを乗り越えた集まりは、
★以前はオーエイホーだったけど転落して、
★最近では、合田さんが右翼と左翼との壁を乗り越えた集まりの能力があったけど、「敵の敵は味方」をやりすぎて、おかしなのも受け入れ過ぎてトラブルなってるみたいで。今後の再起を期待。

★ 右翼と左翼との壁を乗り越えられそうで、見識の有りそうな集まりは、鹿砦社のリンチ事件シリーズぐらいかな。



入り口から左の卓には、奥には鹿砦社社長、女性漫画家、主水、その他、そして残りの席に私がついて。

右の宅には、鹿砦社編集者、ヲ茶会、その他色々。

女性漫画家さんが、自己紹介で、「しばき隊からからまれたけど、それをきっかけに、コブラの作者さんから気に入られて。ろくでなし子さんと同じように、しばき隊からいじめられるといい天気になるというジンクスができました」と笑わせた。

私が自己紹介で「私は元々、主水とは仲悪くて。挨拶したら、『なんじゃお前なんか知らんわ!』って」

主水「いやあ、すみませんでした」


他の方がフォローして「いやいや、のら猫の手さんはもう、どちらから側からも嫌われてる亜kら」と笑わせた。

私「主水応援といようりも、あいつら側の方が何倍も悪いというので、「反あいつら」というほう立場です」



飲んだ、食べた。



客は私らだけだけど、店員が少人数で、私らの注文でてんてこまいしてたみたい。最初からコース料理にすればいいのだろうけど。
貧乏で飲食せずにそのままいるだけの人もいれば、途中で帰るのや、途中から来るのもいるので、その都度清算にしたほうがいいかという配慮だったので。でも私の非力さで混乱。



会計清算では、私のいたらなさで不足が出てそのたびに鹿砦社社長が穴埋め。
最初の店で三千円を社長が補てん。

次の店に移動。

すごい盛り上がった。


他の方々がスマホをかざして、「うわ~!これひどい!」って。

よう見たら、エル金、李信恵、伊藤大介、神原弁護士らが一緒に堂々と飲み会をしている写真をSNSにアップしてた。

他の方々も次々と探しては批判をして。

他の方々も「なんで、こんなまねをするかなあ?」

でも、貧乏な人もいるし、色々と気をまわし過ぎて、私の至らなさで、清算が混乱してごめんなさい。


次の店では一万何千円も社長が補てん。さすがに私は申し訳なくて「五千円を払うのでお受けください」といくら言っても、社長は受け取らない。申し訳なかったです。


ここでお別れ。

ヲ茶会さん、女性漫画家さん、その他でその場で少しおしゃべり。

女性漫画家さんはサービス精神満点。すごい人だなと驚きと感動。
例の法廷漫画の力量はプロで、例えブサイクでもオッサンでもその実力で絶賛激賞されるレヴェル。それとサービス精神満点で。三流の人権活動家界隈に疲労困憊をしてきた方々からしたら、商業ベースに徹してる方って意外なヒットで爽やかな新風になるのね。

三輪さんが遅れて合流して、ラーメンを食べに行くらしい。

私はそこでお別れ。お疲れ様。






私の至らなかった点と謝罪ですが。
夕方17時から慰労会で、私はもう手伝いが不器用で頭いっぱいいっぱいでした。帰りの電車でiPadでtwitterをチェックしたら、MDから他の参加者から「店名を失念したので教えてほしい」「もう帰ります」って。申し訳ありませんでした。


私の至らなさと謝罪ですが。
慰労会でお金の清算の能力がなくて、結果的に足りないとなって。社長に補填を何度もしていただいて本当に申し訳ありませんでした。最初の店で3千円、次の店で結果的に1万何千円も補填していただくことになってしまいました。
申し訳ありませんでした。


会計後、私が社長に五千円はお払いすると言っても、社長はお受け取りになりませんでした。申し訳ないです。又いつか、何かの形でお礼をしますので。

今後の課題ですが、慰労会の会計清算を段取りよくうまくやれるようになりたいです。

貧乏で一切飲食しないで帰る方や、二千円までしか無理だから飲食しないという方もいたり、途中からお越しの方とかで、私も出来るだけ気を使うようにして、結局、私の能力では処理できず、社長の補助で清算する結果になってしまって。今後はこういうミスをなくすように考えたいです。

反省点として、何かが足りないと困るという不安からキャリーバッグに大量の荷物を入れて持参して来たけど。皆様には邪魔でしたね。今後はキャリーバッグは無しにします。

色々とお手伝いで至らないところだらけでしたけど。申し訳ありませんでした。今後の課題とさせていただきます。

色々と私の至らなさと、他の関係者たちの善意で補填をしていただいたことを書きました。こういうこともあることをお知らせすることで今後の反省と改善点を情報共有できるようにしたいと思います。

その上で、参加して、充実した部分も書きますね。すごい面白い情報が得られるし、意外な出会いや再会があるし。達成感や到達感もものすごく感じられましたよ。











拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
慰労会飲食代は自費負担ですか?
のら猫の手様。おはようございます(*^_^*)
気になったので質問させて頂きます♪(*^_^*)

主水さんの裁判判決後の慰労会?飲食代はすべて寄付金(カンパ)から支払われたのでしょうか?

それとも、参加した人が自分の注文した品物の代金を各自支払ったのでしょうか?(*^_^*)
御剣| | 2018/03/26(Mon)06:48:00| 編集
Re:慰労会飲食代は自費負担ですか?
>のら猫の手様。おはようございます(*^_^*)
>気になったので質問させて頂きます♪(*^_^*)
>
>主水さんの裁判判決後の慰労会?飲食代はすべて寄付金(カンパ)から支払われたのでしょうか?
>
>それとも、参加した人が自分の注文した品物の代金を各自支払ったのでしょうか?(*^_^*)

慰労会の飲食代は、寄付金(カンパ)からは一切、流用されませんでしたよ。
参加者の負担です。総額を割り勘です。
【2018/03/27 08:34】
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
のら猫の手
性別:
女性
自己紹介:
noranekonote@gmail.com
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/347/
ブログ内検索
最新記事
(07/18)
(06/20)
(06/12)
(06/10)
(05/14)
(05/14)
(05/14)
(04/29)
(04/27)
(04/07)
(03/24)
(03/24)
(03/24)
(03/20)
(02/21)
(02/20)
(01/09)
(01/07)
(12/20)
(12/20)
(12/20)
(12/14)
(12/14)
(12/14)
(11/27)
カウンター
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者カウンター
バーコード
フリーエリア
Copyright ©   思いつくままに   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]