忍者ブログ
[244] [247] [246] [260] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237
「私の「ヘサヨ、同性愛の似非人権 図鑑」を批判をした意識の高い方々 」
http://togetter.com/li/562324

これに対して批判がありました。





私は、とんでもないヘイトスピーチをする方々(行動する保守界隈、ネット右翼)を批判してきましたけど。
更に、他の方々から 「お前こそとんでもない差別者だ」と批判をされて。
それらの狭間にいます。
ところが更に、私を「差別者」と批判する方々に対して、他の方々が批判をしていて。
すごい構図になっています。.


私は、「仲良くしようぜパレード大阪」名称問題での泥沼騒動の発言と関連人物を一覧にして分析をして。
私のまとめサイトtogetter「ヘサヨ、同性愛の似非人権図鑑」に批判が殺到しました。
批判が殺到しました。
謝罪して、修正をして。
それでも意識の高い方から「ブログはもっとひどいから修正してください」と。
何度修正をしても。
それでも意識の高い方々から「絶望的」と。

そして、私に対して「差別者」と批判をした方に対しても、更に他の方々から批判が殺到していて。すごい構図になっています。

それぞれのその構図をまとめるのは、私にとって重要だと思いました。





そして私に対して「差別者」と批判する方々の書き込みを読んでみると、その批判する思想背景は多様です。

それぞれの思想背景を分析するのは、私にとってとても重要だと思いました。

私に対する批判者の中には、人権や差別をたてに「仲良くしようぜパレード大阪」や「差別撤廃東京大行進」を批判をしたり、その運営者や関係者、差別に対するカウンターにまで責任を求めるようなのもいます。
「差別撤廃東京大行進」やその運営責任者に対して批判するためのダシに私を批判しながら持ち出すのかみたいな例もありました。.
その例を分析するのはとても重要だと私は思いました。
又批判が殺到しそうですが、やります。

一応説明しておきますけど。
私は、しばき隊や野間とは全然関係ないです。
私は、仲良くしようぜパレード大阪や差別撤廃東京大行進の運営には一切タッチしていませんでした。
過去に仲良くしようぜパレード大阪を沿道で撮影をしただけ。
私は「差別撤廃東京大行進」を沿道で撮影したいと書いただけで、運営でも参加者でもないのに、なぜ「差別撤廃東京大行進」に対して存在意義を批判をするのか?.

もし人権問題意識の高い方々が、私のブログやマトメサイトを証拠に、差別撤廃東京大行進に対して説明責任を要求するなら、違います。
もし仮に差別撤廃東京大行進が私に対して参加拒否をなさってもかまいません。私はただ遠くから離れて邪魔にならないように撮影をするだけです。
公共空間での集団示威行為や街宣を第三者が撮影するのは合法ですし。

「意識の高い」方が、差別撤廃東京大行進運営に対して私のことを「こいつは差別者だ。説明責任を果たせ」と。もし仮に運営が私に参加拒否を通告したら。そしたらパレード反対者たちは次々と参加表明者たちの粗さがしをして潰すようになるかもしれません。
パレード運営者たちの苦労に敬意を表します。運営責任者たちのところには、外部から、誰を排除しろとか質問や糾弾が殺到しているのでしょう。それに対してどう対応するか。明確な基準作成とか。本当に大変でしょう。.

9/22差別撤廃東京大行進のHPのフォームから自己紹介と沿道からの撮影をしますと連絡しました。
パレード側は承諾。よかった。

例え差別主義者でも敵でも、遠くから離れて撮影する分には合法だから、もし拒否されても自分なりに工夫して撮影するつもりではいました。常識の範囲内なら運営の指示にしたがいますし。


私を批判する方々の中には、私が「差別撤廃東京大行進」に沿道で撮影することを批判なさる方や、運営にまでその責任を問う方もいて。

藤原敏史氏(@toshi_fujiwara )の過去の発言をずっとチェックしてみたら。
藤原氏はどうも差別撤廃東京大行進への批判がまずあって、その流れで私も批判をしたみたいだと思いました。

批判者の一人がふだんどういう思想背景を持ってて、その上で、私をどう批判をしたのか。その文脈が分かりました。
批判者のふだんからの思想背景をチェックするのは、その文脈を知る上で重要です。

藤原氏だけチェックするのではなく、公平を期すために、他にも私を批判をなさった方々を同条件でチェックしてみました。

★ 仲良くしようぜパレード大阪、差別撤廃東京大行進に対して否定的か、どうか

★ しばき隊野間氏と討論をし批判をされたか、どうか

★ NOIEHOIE氏と討論をし批判をされたか、どうか

★ 行動する保守の差別語騒動に対するカウンター側に対して否定的か、どうか


私が「ヘサヨ」とレッテルをはった当事者なので反応をなさった例

★「ヘサヨ」と書かれた当事者
さらに私が「ヘサヨ」と書いた方の仲間や関係者ではと感じる方々もいましたけど、今回はそれは記載しませんでした。


それともう一つの重要な条件ですが。
私が「同性愛の似非人権」と書いた件で反応なさったのか?と思った例

★ ふだんから同性愛者の人権問題に関心がおありで、その件になると批判をするのか、どうか
プロフィールに同性愛者であることを告知をしているか、どうかも重要な情報です。


私を批判した方々全員をチェックしてみたら、これらに該当する方々がけっこういますが。

でも、上記の条件とは関係ない方々も少数ですけどいます。
全員が全員そうではないってことです。

私への批判者の全体像を見て。
ピンからキリまでいます。
特定の思想や特定人物との過去の因縁とは関係のない方々もいます。
その全体像も必要だと思いました。

私からの主観だけではなく、第三者からの検証ができるようにすることは重要だと思いました。
そのために具体的な検証資料をまとめて残すことは重要だと思いました。







思想地図をつくるのは問題か?

言論戦があって、その関連人物の思想背景や主張や特定人物との過去の因縁等をまとめめた図鑑サイトをつくることじたいが問題か?

条件付きで許されるのなら、どこまでが許されるのか?

私は、過去の事件や騒動のデータベースを第三者が検証できるようにすることは重要だと思っています。
過去の事件や騒動の関連人物と情報をまとめたデータは、後々にすごい重要な資料になると思っています。

例えば、
★ 誰かがまとめた、行動する保守界隈の方々の図鑑と過去のデータベースのまとめ資料、

★ 三羽の雀氏がまとめた東村山市議会議員界隈の図鑑とデータベース

★ にぬま氏がまとめた植松青児に関するまとめサイトや関連人物相関図

★ 島田紳助マネージャー暴行事件で関係者の発言まとめサイト

私はこれらがとても参考になりました。

その他にも色々な人物図鑑まとめサイトが色々あります。
副島隆彦『現代アメリカ政治思想の大研究 <世界覇権国>を動かす政治家と知識人たち』
『世界権力者 人物図鑑 - 世界と日本を動かす本当の支配者たち』 、
オバタカズユキ『言論の自由』とか。

キノトシキ氏が「今後、レイシストまとめ図鑑を作成する」と告知をしていました。私は条件付きで賛成します。














コメント欄の批判への釈明、そして反論





=====(@yamtom氏引用開始 )=====

このようにレッテルばりして、「図鑑」として様々な人たちをまとめて晒す的なやり方そのものについて「へサヨ、同性愛の似非人権 図鑑」についても批判したつもりだったのですが、まったく通じていなかったようで、同じことの繰り返しがここでも行われており、とても残念です。

=====(@yamtom 氏引用終了)=====

「へサヨ、同性愛の似非人権 図鑑」でのご批判はそうではなかったはずです。
私がまとめサイトTOGETTERのほうに批判殺到しているから謝罪をして。
それはTWITTERのまとめサイトTOGETTERをつくったとき、タイトルの言葉遣いがきつかったことで、後に穏便な言葉遣いに変更をしました。
TWITTERで改善をしたことを告知をしたら、山口様が直接メンションで「ブログのほうでの書き方がもっとひどいので改善するように」との趣旨で、何度改善をしてもダメだしだけで。
私は「残念です」
山口様は「絶望的」と。

もし、関連人物まとめ図鑑を作成することじたいがまずいのなら、「騒動関連人物まとめ図鑑自体を全部削除しなさい」と要求をして、それでも騒動関連人物まとめ図鑑サイトが削除されずに温存されているのを再度批判をなさるはずです。
そして私以外にも、他の方々全員に人物まとめ図鑑サイトや本自体をなくすように主張するはずです。

私は、過去の事件や騒動のデータベースを第三者が検証できるようにすることは重要だと思っています。
過去の事件や騒動の関連人物と情報をまとめたデータは、後々にすごい重要な資料になると思っています。
例えば、
★ 誰かがまとめた行動する保守界隈の方々の過去のデータベースのまとめ資料、
★ 三羽の雀氏がまとめた東村山市議会議員界隈のデータベース
★ にぬま氏がまとめた植松青児に関するまとめサイトや関連人物相関図
★ 島田紳助マネージャー暴行事件で関係者の発言まとめサイト
私はこれらがとても参考になりました。
その他にも色々な人物図鑑まとめサイトが色々あります。
副島隆彦『現代アメリカ政治思想の大研究 <世界覇権国>を動かす政治家と知識人たち』
『世界権力者 人物図鑑 - 世界と日本を動かす本当の支配者たち』 、
オバタカズユキ『言論の自由』とか。
キノトシキ氏が「今後、レイシストまとめ図鑑を作成する」と告知をしていました。私は条件付きで賛成します。




コメント欄の批判への釈明、そして反論

=====(@rinda0818氏引用開始 )=====

8日に京都のカウンターでお会いした時、前のまとめについて謝罪されましたがあれはいったい何だったのでしょう。まとめもまた暴力になるのでと再度注意し、分かったとおっしゃったはず。大人なら同じ過ちを繰り返しちゃ駄目です。その時に精神的に不安定と聞きましたが、大丈夫ですか。ネットやカウンターからしばらく離れた方がいいのでは。

=====(@rinda0818氏引用終了 )=====

9/8京都でお会いしたとき、リンダ様のとこまでお伺いして謝罪をしました。
それはTWITTERのまとめサイトTOGETTERをつくったとき、タイトルの言葉遣いがきつかったことで。後に穏便な言葉遣いに変更をしました。

もし、関連人物まとめ図鑑を作成することじたいがまずいのなら、「騒動関連人物まとめ図鑑自体を全部削除しなさい」と要求をして、それでも騒動関連人物まとめ図鑑サイトが削除されずに温存されているのを再度批判をなさるはずです。
そして私以外にも、他の方々全員に人物まとめ図鑑サイトや本自体をなくすように主張するはずです。

私は、過去の事件や騒動のデータベースを第三者が検証できるようにすることは重要だと思っています。
過去の事件や騒動の関連人物と情報をまとめたデータは、後々にすごい重要な資料になると思っています。
例えば、
★ 誰かがまとめた行動する保守界隈の方々の過去のデータベースのまとめ資料、
★ 三羽の雀氏がまとめた東村山市議会議員界隈のデータベース
★ にぬま氏がまとめた植松青児に関するまとめサイトや関連人物相関図
★ 島田紳助マネージャー暴行事件で関係者の発言まとめサイト
私はこれらがとても参考になりました。
その他にも色々な人物図鑑まとめサイトが色々あります。
副島隆彦『現代アメリカ政治思想の大研究 <世界覇権国>を動かす政治家と知識人たち』
『世界権力者 人物図鑑 - 世界と日本を動かす本当の支配者たち』 、
オバタカズユキ『言論の自由』とか。
キノトシキ氏が「今後、レイシストまとめ図鑑を作成する」と告知をしていました。私は条件付きで賛成します。

【その時に精神的に不安定と聞きましたが、大丈夫ですか。】

9/8京都でお会いしたときに、私はそんなことを言ってはいません。
これはもう「言った」「言わない」にしかなりませんね。ビデオテープのスイッチを切っていたし記録には残っていなくて残念ですが。
私の記憶では、あなたにご挨拶に行こうとしたら愛国矜持会竹井氏と談笑中であきらめて。
そしてその後、あなたが女性と一緒にいる時に「お久しぶりです。色々とありましたけど。直接お会いに行くのはとても勇気がいります。こわくてしょうがありません。でも勇気を出してこうやってきました」「ごめんなさい」

【ネットやカウンターからしばらく離れた方がいいのでは。】

ご心配をしてそうおっしゃってくださってるようですが。
今後もネットをします。カウンターには行けるだけ行きます。自分でもカウンターがもう無理なら無理をせずにやめます。
あなたが個人的に今後一切私とは関わりになるのがおいやならかまいません。カウンターの現場で近くになることがあれば、私からは今後も黙礼しますけど、あなたが無視なされてもそれは仕方がありません。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
のら猫の手
性別:
女性
自己紹介:
noranekonote@gmail.com
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/347/
ブログ内検索
最新記事
(07/04)
(07/01)
(07/01)
(07/01)
(06/30)
(05/06)
(04/18)
(03/30)
(03/21)
(02/26)
(02/26)
(02/06)
(01/07)
(01/07)
(12/15)
(12/08)
(12/04)
(11/28)
(11/27)
(11/21)
(11/03)
(11/03)
(10/29)
(10/26)
(10/21)
カウンター
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者カウンター
バーコード
フリーエリア
Copyright ©   思いつくままに   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]