忍者ブログ
[369] [368] [367] [366] [365] [364] [363] [362] [361] [360] [359
行動保守とどう折り合いと着地点をどうすべきか?分からない・・・


昨夜、ある方と電話で相談して話し合い。
本当に助かりました。気持ちの整理がついて。ありがとうございました。


去年3月頃からヘイトスピーチ反対活動をしてきました。

カウンター側が素敵なコミュニティを築き上げたことは立派だと思います。
twitter上での情報交換。
パレード、
クラブイヴェント、
セミナー。
質も高く動員力もあり。

でも、もうそろそろ、行動保守とどう話し合って、どう折り合いと着地点を見出すか?
考える時では?
でも、どうしたらいいか、わからない・・・
それに、こわいし。腰がひけるの。腫物ハラハラ・・・

だから、行動保守から直接接しずに、遠く離れて批判するしかないのね。

問題の先送りでしかない。

永遠に相手が殲滅するまで、消えてなくなるまで?
永遠に遠く離れて批判するしかないの?

この前の三宮で、兵庫支部の北原氏主催での告知で経済問題をテーマにして、在日には一切触れない議題のものにしていた。
その時点で、カウンターはどうすべきだったか?
最低限、話し合いの場を設けられなかったのか? お互いの妥協点や折り合いをつけられなかったのか?



土曜日に韓国領事館前で、行動保守で竹島返せ街宣があって。
レポートによると、ひどい差別発言があって、カウンターも御堂筋対岸からカウンターをかけてたらしい。私は行かなかったけど。
日曜日には「日韓断交」デモとかで、私は監視と撮影。集合場所の現場の空気でわかった。彼らは、内部で血の涙を流しながらも内部改革をしてマシになってるって。デモのコールはまだまだひといけど。内部改革はすすんでるのがわかる。

もう、カウンター側も、そろそろ、今後の見取り図を作成すべき時では。
話し合いの場を設けるべきでは。


カウンター側で、見取り図を作成したら。必ず、「もっと意識のお高い」方々から「これでは差別問題に意識が低い」って批判が殺到するはず。


実際、私がジェリーさん向けにまとめをブログに書いたら。
キム・ミョンスが私をボロクソにけなして。カウンター側がそれをRT拡散。

じゃあ、あなたたちはどんな見取り図を考えているのか公表したら。

文書で明文化すべきなのでは。
でないと、恣意的で主観的で行き会ったりばったりのモラハラになってしまいます。

カウンターは、よくも悪くも、烏合の衆。
バラバラ。
見識もバラバラ。
誰かが、今後の見取り図を作成すると、他から批判が殺到するはず。
カウンター側でも、みんな集まって、それぞれが話し合いをすべき時では。


カウンター側が、集団になる圧力がある。
それでいてまとまってない。責任体系もない。烏合の衆。

カウンターの誰かが「ナカタニ犯罪者! 保険証詐欺!」
行動保守の参加者が「差別とどう関係あんだ!」ととびかかって。彼は、私が礼儀正しく接したらキチンと丁寧に接してくれる方で。差別発言にだけ「差別やめて」と叫ぶだけなら、決して怒らない。



行動保守と、カウンターと、話し合いを。
でも、どう折り合いを?












拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
のら猫の手
性別:
女性
自己紹介:
noranekonote@gmail.com
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/347/
ブログ内検索
最新記事
(05/06)
(04/18)
(03/30)
(03/21)
(02/26)
(02/26)
(02/06)
(01/07)
(01/07)
(12/15)
(12/08)
(12/04)
(11/28)
(11/27)
(11/21)
(11/03)
(11/03)
(10/29)
(10/26)
(10/21)
(10/19)
(10/19)
(10/19)
(10/17)
(10/14)
カウンター
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者カウンター
バーコード
フリーエリア
Copyright ©   思いつくままに   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]